社会福祉法人 彦根市社会福祉協議会
文字サイズの変更
小
標準
大
イラスト
トップページ >> 福祉教育
*
トップページ
彦根市社協概要
学区(地区)社会福祉協議会
赤い羽根共同募金
高齢・子育て・障がい福祉
ボランティア
災害支援活動
広報紙「社協ひこね」
福祉教育
彦根善意銀行(フードバンクひこね)
各種助成金情報
地域福祉権利ようご事業
各種相談事業
介護保険事業
障害福祉サービス事業
貸衣装
*
福祉教育

「地域福祉」を推進するための福祉教育を目指して

彦根市社会福祉協議会では 「ふだんのくらしのしあわせ」 という視点から、障がいや高齢だけをテーマにするのではなく、地域のさまざまな文化や背景にも目を向けながら、自分自身も地域の大切な一員として、人権や命の大切さについても考え、学ぶ福祉教育を目指しています。

福祉教育2つのポイント

ポイント1 子どもの豊かな成長を支援する取り組み
体験学習やふれあい学習が「目的」ではなく、その機会を通した「人間教育」を目的としています。
  1. 子どもたちの「生きる力」を育むために
    地域で暮らしづらさを感じている人や、さまざまな地域課題に目を向け、「誰もが住みやすいまちづくり」を目指し、児童一人ひとりが考え、気づいたことを実際に行動に移していける福祉教育・学習を応援します。

  2. プロセスを重視して
    「何を」学ぶかということも大切ですが、「どのように」学ぶかということも大 変重要であり、どのような学びのプログラムを作っていくかで、その効果は大きく異なってきます。彦根市社協は先生のお考え・思いに寄り添いながら、プログラムを相談させていただきます。

  3. 地域に根ざした福祉教育へ
    高齢者や障がいのある方の理解を進めるだけでなく、また、学校だけで完結しない「子どもから大人まで」が共に学びあう福祉教育実践へと発展させていくため、地域住民をはじめ、障がい当事者など、さまざまな地域の人財をコーディネートいたします。

具体的な取り組み例

  • 福祉教育・学習プログラムの企画、提案
    プログラムの相談や提案、教職員への体験機会の提供、福祉情報を提供します。

  • 講師・施設等の紹介
    福祉活動・ボランティア活動に取り組んでいる方、障がい当事者、また地域の福祉施設を紹介します。
    例)手話体験、点字体験、車いす体験、アイマスク体験等

  • 福祉用具や参考資料の貸出
    車いすや啓発ビデオ等を無料で貸出しています。

ポイント2 地域福祉を推進するための取り組み
地域を基盤とした福祉教育を展開していくため、自分たちの住むまちの様々な課題を取り上げ、広報・相談活動を通じて住民のみなさんへの福祉に関する情報や学習機会を提供し、地域福祉を推進するための活動を進めています。

これまでの取り組み

取り組みの一例を紹介します。
○視覚障がいのある方のお話
全盲の方から普段の生活や、目が見えなくなるとどんなことに困るのかなどを聞きました。
また、趣味のよし笛を演奏していただき、「目の不自由な人は、○○ができない」という固定観念をひっくり返す機会になりました。
写真
○車いす体験学習
当事者団体の協力により、車いす体験に取り組み、足が不自由な人はどんなところで困るのか。また、車いすの正しい介助の仕方を学びました。
写真
○点字体験学習
自分の名前や文章を点字で打ち、点字がどのようなもので、どんな場所に付けられているのかを学びました。
写真

参考資料

滋賀県社会福祉協議会等が発行する、参考資料をご紹介します。
 
  • PDFファイルの参照には、Acrobat Readerが必要です。
  • Acrobat Readerがパソコンにない場合は、こちらから入手できます。
このページのトップへ
*
社会福祉法人
彦根市社会福祉協議会
〒522-0041彦根市平田町670(彦根市福祉センター 別館)
TEL:0749−22−2821 FAX:0749−22−2841
Copyright (C) 2010 HIKONE CITY COUNCIL OF SOCIAL WELFARE. All Rights Reserved.
*