社会福祉法人 彦根市社会福祉協議会
文字サイズの変更
小
標準
大
イラスト
トップページ >> 災害支援活動
*
トップページ
彦根市社協概要
学区(地区)社会福祉協議会
赤い羽根共同募金
高齢・子育て・障がい福祉
ボランティア
災害支援活動
広報紙「社協ひこね」
福祉教育
彦根善意銀行(フードバンクひこね)
各種助成金情報
地域福祉権利ようご事業
各種相談事業
介護保険事業
障害福祉サービス事業
貸衣装
*
災害支援活動

なぜ社会福祉協議会が災害支援に取り組むのか

平成23年3月11日に発生した東日本大震災は多くの尊い命を奪いました。
今後も大規模災害の発生が危惧されており、災害発生前の予防活動(防災)や被害軽減(減災)が求められています。
また、東日本大震災をはじめ過去の災害では従来から地域住民の手によって取り組まれてきた「見守り」「支え合い」活動等が大いに活かされており、日常の地域福祉活動は災害時にも活きる活動であると言え、平時からの小地域福祉活動推進を通じた”災害にも強い地域づくり”に取り組んでまいります。

彦根市社協の取り組み

◆防災を切り口にした小地域福祉活動支援
住民懇談会等を通じ、近隣同士のつながりをみんなで考えながら「普段から顔の見える関係づくり」を進め、災害にも強い地域づくりに取り組む方策などについて話合います。
●自治会、自主防災組織、サロン、学校等、気軽にご相談ください。

◆地域の防災・減災力向上や災害ボランティア等に関する
  基盤整備・環境整備
防災・減災についてもっと知りたい。
地域でどのように取り組めば良いのか学びたい。
災害発生時にボランティアとして活動したい。
など、いざという時に住民同士が協力し地域の力を発揮できるよう、防災・減災に関する講座等を開催します。

◆災害ボランティアセンターの設置・運営
彦根市社協は、彦根市地域防災計画において「災害ボランティアセンターの運営」を担うことが明記されており、ひこね災害ボランティアネットワークをはじめ、各種団体と連携を深めながら“一人ひとりの災害”に目を向けることができる災害ボランティアセンターを目指します。
●彦根市防災訓練への参加
  彦根市防災訓練での、災害ボランティアセンター設置・運営訓練の様子
写真:
彦根市防災訓練での、災害ボランティアセンター設置・運営訓練の様子

◆災害にも強い組織体制の構築
「災害支援活動は社協の役割」として取り組む必要があることを職員一人ひとりが十分に自覚し、研修等を通じてノウハウを積み重ね、災害発生時に迅速かつ適切な支援が行える彦根市社協の体制づくりに取り組んでまいります。   写真
写真:職場内研修の様子

災害時避難行動要支援者制度(彦根市委託事業)

台風や地震などの災害が起こったとき、市役所や消防署、警察などの防災に携わる機関の支援には限界があり、すぐに対応することはできません。
このため、近所の方々の支えあい・助けあいが災害時に大きな力を発揮します。
高齢者や障がいのある人などご自身や家族の力だけでは安全な場所に避難することが困難な人を、あらかじめこの制度に登録していただき、地域の人の手助けにより安全な場所に避難していただこうとする制度で、避難に手助けが必要な人を“地域の力”で支えるしくみづくりをめざすものです。
彦根市から委託を受けて社会福祉法人彦根市社会福祉協議会が本制度を実施・推進しています。書類の提出や詳細については、彦根市社会福祉協議会にお問い合わせください。
TEL:0749-22-2821  FAX:0749-22-2841

他機関の取り組み

災害を学び、家庭・地域できることを考える
  防災出前講座
    大規模災害発生時には建物の倒壊や火災、連絡網の不通、ライフラインの使用不能が予想され、一定期間、地域住民一人ひとりが「自分たちの地域と命を自分たちで守る」ために必要な取り組みを考えます。
  内容
    ・地震の仕組みや彦根市の災害の現状
・家庭や地域でできる防災対策などの講義
  問合せ・申込先
    彦根市総務部危機管理室
  TEL:0749−30−6150 FAX:0749−22−1398
URL:http://www.city.hikone.shiga.jp/soshiki/16-9-0-0-0_5.html
 

災害情報

このページのトップへ
*
社会福祉法人
彦根市社会福祉協議会
〒522-0041彦根市平田町670(彦根市福祉センター 別館)
TEL:0749−22−2821 FAX:0749−22−2841
Copyright (C) 2010 HIKONE CITY COUNCIL OF SOCIAL WELFARE. All Rights Reserved.
*